プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/06 (Thu) 09:34
永遠の0

生きて帰りたい、と言い続けた特攻隊員について、その孫が祖父の生涯を調査していく過程で
祖父について知っていくという映画。

出身地である鹿屋、ゼロ戦と自分に関わりのあるものが出てくるので、
読んでみたいと思い、小説を読み、先日映画を見ました。

太平洋戦争時、生き延びたいと願うことが悪だった時代、
愛する妻と子の為に生きて帰りたいと願い、そして言い続けた久蔵(祖父役 )。

得体の知れない何かによって形成される世論に惑わされず、
自分の信念を曲げなかった、いや彼の最期はどうだったのかは意見の分かれるところなのでしょうが。
常々、人の、世の考えに流されないことは難しいなと感じるため、
自分の考えを貫いた久蔵を見習いたいと思いました。

また、これは小説を読んで感じたことですが、ゼロ戦を設計した人は技術者としてすごいのだろうけれど、
技術の追求する先とユーザの求めるものとのクロスするところを合致させていくことは
とても難しいことであると深く感じました。
( 同時期に「風立ちぬ」を観た影響も大きいのだとは思うのですが。)


映画としては、思ったより小説に忠実でがっかり感は少なかったです。
ただ、ラストは小説と一緒にしてほしかった。
( 小説と一緒にしたら、批判が増えると踏んでのことと思いますが。)

小説はなかなか読む気力が出ないという方は映画で見てみることをお勧めします。
でも、やっぱり小説かな。

永遠の0 映画公式URL

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

2013/12/28 (Sat) 09:23
英国王のスピーチ

友人がよい映画だと言っていたので、観てみました。

ストーリーは…
WWⅡ開戦前に英国王となったジョージ6世には、吃音に悩まされていた、
様々な医者にかかるも治らず、本人も諦めきっていた。
そんなときに、妻のエリザベスの紹介で出会ったのがオーストラリア出身の言語療法士ライオネル。
彼との治療を経て、ナチスドイツとの開戦時スピーチに臨む。

堅い映画かなと思っていましたが、ユーモアあり、楽しく見ることが出来ました。

ジョージ6世の悩みは吃音でしたが、誰にでも自分の直したい癖や性質ってあると思うんです。
自分の場合はは、状況対応能力。
相手に共感する癖(表情を必要以上に読む癖)がある為、私は話している相手と一緒になって感情が高ぶってしまいます。
この一年、それにどう対処するか取り組んできましたが、
ジョージ6世のようにもっと真剣に向き合いたくないことにも向き合っって取り組んで行かなきゃなと、
思わせてもらいました。


英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]
(2012/08/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

2013/12/23 (Mon) 05:40
SPEC〜結〜 漸ノ篇、爻ノ篇

大好きなドラマ、SPECの最終章。

警視庁公安部公安第五課未詳事件特別捜査係は特殊能力(SPEC)を持ったものの犯罪を取り締まっている。
これまでは個人によるものばかりだったが、特殊能力をもつスペックホルダーが組織化し、手に負えなくなった為、
各国政府はシンプルプランというスペックホルダーだけを殲滅する計画を企てる。
未詳はそのシンプルプランを食い止められるのか…というストーリー。

前半の漸ノ篇は堤監督が金かけました!というだけあって、映画的迫力あり。
後半は、91分んとただでさえ短いのに、回顧シーンが多いのが残念。
そして、また朝倉?これは堤監督がそうしたかったのか、はたまたT○Sの策略か。
ちょっと、残念な感じでした。

ちょっと今回は映画1回観て、理解に至らなかった為、ノベライズも読みましたが、
こちらはガイア論やパラレルワールドの解説ところをじっくり読むことができて、
ノベライズを読んでやっと理解出来た感じでした。

なので、オススメはノベライズ。
そして、やっぱっり映画よりドラマの方が面白かったかな。

SPEC〜結〜公式サイト


劇場版SPEC~結~漸ノ篇 (角川文庫)劇場版SPEC~結~漸ノ篇 (角川文庫)
(2013/10/25)
西荻 弓絵、豊田 美加 他

商品詳細を見る



劇場版SPEC~結~爻ノ篇 (角川文庫)劇場版SPEC~結~爻ノ篇 (角川文庫)
(2013/11/22)
西荻 弓絵、豊田 美加 他

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2013/12/22 (Sun) 10:44
「氷川清話」を読んで

大分前に同僚に鹿児島出身なら読め、と勧められそのままになっていたんですが、やっと読みました。

勝海舟の談話を纏めたもの。
徳川時代と明治の世で政治、外交に奔走した勝海舟。
己の信念をもって、生き抜いたこと、大久保利通、西郷隆盛を尊敬していたことがよく分かる本でした。
私は全然日本史に詳しくないのですが、彼はかなり徳川びいきだったんですね。

本書の中で、考えるところがあった説が「治水と堤防」。
維新後の世では、やれ学者だ、技術士だと机の上で学んだものをだいそうひけらかすけれど、昔の堤防の方がしっかりしており、物事の根本をよく理解していたというもの。
豊かになった世の中で、人はにあまり考えることがなくなったんだろうな、と思います。
真に考える生活を送りたいな、と思いました。

また、本書の中には勝海舟が詠った句がいくつか出てきますが、
以下の句はよくできているな〜と感じ入ったので、引用します。

「時鳥不如帰遂に濁魂」ーほととぎすほととぎすついにほととぎすー
何かを成そうとしているうちに、いつの間にか老年になっているという句。
これを三つのほととぎすで表しているのが、風刺のように趣がある。
もっと詳しい説明は本書参照下さい。

「時事十数言」や「百世人百態」で種々世の中の道理について述べているのですが、
物事の道理は時代が違っても変わらないのだなーと思いました。

思いつくままに徒然と書いてしまいましたが、世を導く政治家、実業家の方にご一読頂きたい書です。


氷川清話 (講談社学術文庫)氷川清話 (講談社学術文庫)
(2000/12/08)
勝 海舟

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2013/12/13 (Fri) 06:05
iPad mini retinaで日経電子版紙面ビューアを使う

タイトルの通り、この1週間iPad mini retinaで日経電子版紙面ビューアを使ってみました。

iPad retinaを買いたかったのは、これがしたかったからといっても過言ではないです。

持った感じはこんな感じです↓
201312132011219c6.jpg

iPad miniは片手じゃきついというけど、まあ軽くはないけど思ったほどきつくない。
あと、キーボード付ケースを畳んで持つので、とっかかりになって案外持ちやすい。

さて、一番気になったのが、やはり「実際読みにくいのでは?」というところ。
ダブルタップで記事はいい大きさになるし、
朝家でwifiで新聞DLしていけば、ネット繋がず読めるし、快適!

ただ、難点はなぜかいつどっか一個だけ記事が抜けてること。
DLする時間の関係か?と思うけど、もう新聞配られてる時間だけどなー。

というわけで、もう紙は要りません!
これで、土日も出張中も新聞読むようになるわー。
宅配契約やめまーす。

次は、電子書籍にトライだな。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ipad mini 日経 電子版

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。