プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

2014/02/11 (Tue) 09:19
パクリジナルの技術

人に勧められて読んだ本。

タイトルを見て、パッと思ったことは「胡散臭い」笑。
そして、第1章から第3章まで、パクリジナルとは何か、どうやって実践するのかが
書かれているが、やはり胡散臭い、笑。
書いてあることは、モーツアルトが「模倣は創造の母である」と言っていることと本質的に同じことを述べている。

ただ、第4章での他人の批判、避難への著者の対処の経験談は学ぶところがあった。

また、第5章のこれからの世界の未来については、
流石たくさん本を読んで好奇心たっぷりで様々な人にインタビューしている方とだけあって、
知らない情報もあり、読んでいて面白かった。

著者が「おわりに」で「 一気に書き上げた」と書いている通り、勢いのある本。


パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)
(2012/12/15)
木下 晃伸

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2013/12/22 (Sun) 10:44
「氷川清話」を読んで

大分前に同僚に鹿児島出身なら読め、と勧められそのままになっていたんですが、やっと読みました。

勝海舟の談話を纏めたもの。
徳川時代と明治の世で政治、外交に奔走した勝海舟。
己の信念をもって、生き抜いたこと、大久保利通、西郷隆盛を尊敬していたことがよく分かる本でした。
私は全然日本史に詳しくないのですが、彼はかなり徳川びいきだったんですね。

本書の中で、考えるところがあった説が「治水と堤防」。
維新後の世では、やれ学者だ、技術士だと机の上で学んだものをだいそうひけらかすけれど、昔の堤防の方がしっかりしており、物事の根本をよく理解していたというもの。
豊かになった世の中で、人はにあまり考えることがなくなったんだろうな、と思います。
真に考える生活を送りたいな、と思いました。

また、本書の中には勝海舟が詠った句がいくつか出てきますが、
以下の句はよくできているな〜と感じ入ったので、引用します。

「時鳥不如帰遂に濁魂」ーほととぎすほととぎすついにほととぎすー
何かを成そうとしているうちに、いつの間にか老年になっているという句。
これを三つのほととぎすで表しているのが、風刺のように趣がある。
もっと詳しい説明は本書参照下さい。

「時事十数言」や「百世人百態」で種々世の中の道理について述べているのですが、
物事の道理は時代が違っても変わらないのだなーと思いました。

思いつくままに徒然と書いてしまいましたが、世を導く政治家、実業家の方にご一読頂きたい書です。


氷川清話 (講談社学術文庫)氷川清話 (講談社学術文庫)
(2000/12/08)
勝 海舟

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2012/08/02 (Thu) 08:55
パラレルワールド・ラブストーリー

小説の始めの電車が並行して走ってて、お互いが毎日見つめ合うシーンが印象的なのと、
記憶の書き換えのアイデアが面白かったー。

でも、本屋のポップにあったように、キュンキュンはしなかったなー。
よみやすかった。


パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)
(1998/03/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2011/12/03 (Sat) 23:31
セカンドバージン

恋愛小説が読みたくなって、ふら~っと本屋で見つけて読んだ本。

女性は、言われたいことを言われて満足する性質があるのかなーと思う今日この頃。
(男性は、意外なことを言われるのの方が好きな気がする)
この本は、バリバリ働く一人身の女性に、恋愛していいんですよーと言ってくれてる本だと思いました。

タイトル勝ちな気がします(笑)

セカンドバージン (幻冬舎文庫)セカンドバージン (幻冬舎文庫)
(2010/11)
大石 静

商品詳細を見る

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

2011/10/30 (Sun) 10:50
アントキノイノチ

ふらーっと本屋行ったときに、たまたま見かけて買ってみました。

内容は、とっても嫌なことがあって心が壊れてしまった主人公が、遺品整理という仕事を通して、
また、ゆきちゃんに出会って、心の元気を取り戻すというお話。

今年、一番感動した本でした。
辛いときに、どんな言葉をもらうで、そのときのものの見方が変わってくる。

いいな、と思った言葉。

 主人公のお父さんの言葉。
  「悪い魔法使いに、魔法で蛙にされちゃった王子様なんだな…」
  「魔法は…いつか必ずとける…必ず戻してやるからな」

  「一所懸命に生きた人は、一所懸命に死ぬことができる」
  「大切なのは、死ぬほど口惜しいって思いをね、どんな風にして自分の生きるエネルギーに変えるかってことだよ。」

さだまさしさんの本は初めて読みましたが、他の本も読んでみようと思います。

映画も、11月19日から公開されるようなので、よかったら是非。
厳しさの中に優しい言葉、いっぱい詰まってます。

明日も、頑張ろう。

「アントキノイノチ」映画公式HP
http://antoki.jp/index.html

「アントキノイノチ」 さだまさし著 幻冬舎文庫
アントキノイノチ

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE