プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/05 (Mon) 13:03
Chelsea Art Museum

12/27に、Chelsea areaにあるmuseumへ行ってきました。
ここは、私がこれまで行った代表的な大きい美術館と違ってこじんまりした感じ。
でも、中は案外広かったです。

アフリカ、イタリア、ロシアの絵画を展示していました。
なめらかな線で校正されている西欧美術と比べて、アフリカ、イタリアの絵画はかくかくしているイメージでした。(曲線はもちろん使われているのですが…)
アフリカの木彫りのsculptureとかもかくかくしている印象を受けます。
ものを捉える視点が違うんでしょうね。
どこを美しいと思うか。

ロシアの美術は抽象画が展示してありました。
抽象画は、描かれているモノがモノとしてとらえられないため、理解できません。
ただ、勢いと迫力を感じることが多いです。
私は、全く美術の知識がないためわからないのですが、抽象画は、頭で考えて理解するんでなくって、感じてもらうために描かれているのかなぁ、と思いました。
ここに展示されている Jean Miotteの"Insurrection"は、迫力を感じてずっと眺めてしまいました。

Chelsea Art Museum
http://chelseaartmuseum.org/
スポンサーサイト

<< The Phantom of the Opera | ホーム | Times Square Count Down >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。