プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/14 (Sat) 21:25
パレード

パレード


吉田修一さんの小説です。

途中で携帯が鳴って返信とかしたけど、それに全然遮られることなく、没頭して呼んでしまった作品。
彼の作品では、「パークライフ」を読んだことがある気がします。

まず、買う前に持っていたイメージと作品の中味が全然違った。
買う前に、友人の感想とブックカバーについている解説を読んだんですが。
人によって受け取り方が違うということなんでしょうか。

さて、どんな話かというと、東京都内の2LDKに共同生活をする5人の話。
この5人は、恋人どうしでも、血縁でも、直接繋がりがあったわけでもないですが、共同生活をしています。
それが、それぞれの視点から5章にわたって話が展開していくというもの。

この小説について何か書こうとすると、どうしても遠まわしに書きたくなります。
これは、こういうことについて描き出しているんだー!というとするっと、手からすり抜けていってしまうような感じです。

だから、私が小説から受けた印象を書きます。

人って、ルービックキューブみたいなんじゃないのかと。
ルービックキューブは、買ったとき前面が各色きれいにそろってて、それをかちゃかちゃして、で、また各面色をそろえるっていうものですが。
このそろっているときのルービックキューブもあれば、色がバラバラのときもあれば、といったような。
このキューブの6面をカチャカチャして、人に見せている。
そんな感じでした。

この小説の好きなところは、登場人物のふと言うこと、とかふと考えること。
思わずしおりをはさんだ箇所は

―説明するのが簡単な関係なんて、あってもなくてもいいようなもの

というとこです。
また数年後読んだら、きっと違うことを思うのだろうな、ということで手元に置いておきたい一冊になりました。
あ、ルンルンな気分のときに読むのはおすすめしません(笑)

にしても、小説ってすごいなーとつくづく感じました。
スポンサーサイト

テーマ : ★★おすすめ♪★★ - ジャンル : ブログ

<< ぼくの靴音 | ホーム | 風味絶佳 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。