プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/22 (Sun) 10:44
「氷川清話」を読んで

大分前に同僚に鹿児島出身なら読め、と勧められそのままになっていたんですが、やっと読みました。

勝海舟の談話を纏めたもの。
徳川時代と明治の世で政治、外交に奔走した勝海舟。
己の信念をもって、生き抜いたこと、大久保利通、西郷隆盛を尊敬していたことがよく分かる本でした。
私は全然日本史に詳しくないのですが、彼はかなり徳川びいきだったんですね。

本書の中で、考えるところがあった説が「治水と堤防」。
維新後の世では、やれ学者だ、技術士だと机の上で学んだものをだいそうひけらかすけれど、昔の堤防の方がしっかりしており、物事の根本をよく理解していたというもの。
豊かになった世の中で、人はにあまり考えることがなくなったんだろうな、と思います。
真に考える生活を送りたいな、と思いました。

また、本書の中には勝海舟が詠った句がいくつか出てきますが、
以下の句はよくできているな〜と感じ入ったので、引用します。

「時鳥不如帰遂に濁魂」ーほととぎすほととぎすついにほととぎすー
何かを成そうとしているうちに、いつの間にか老年になっているという句。
これを三つのほととぎすで表しているのが、風刺のように趣がある。
もっと詳しい説明は本書参照下さい。

「時事十数言」や「百世人百態」で種々世の中の道理について述べているのですが、
物事の道理は時代が違っても変わらないのだなーと思いました。

思いつくままに徒然と書いてしまいましたが、世を導く政治家、実業家の方にご一読頂きたい書です。


氷川清話 (講談社学術文庫)氷川清話 (講談社学術文庫)
(2000/12/08)
勝 海舟

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

<< SPEC〜結〜 漸ノ篇、爻ノ篇 | ホーム | iPad mini retinaで日経電子版紙面ビューアを使う >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。