プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/21 (Fri) 01:47
Cold Fever

永瀬正敏主演
フリドリック・トール・フリドリクソン監督作品

Cold fever0


話は、永瀬演じる平田アツシがIcelandで死んだ両親を弔うために、両親の死んだ川へと行くロードムービー。

こう書くと、平田は、とても情にあつい男に見えるが、そうではない。
家で、ふと再生した両親のビデオレターを見て、行こうと思い立ち、Icelandへ。

Icelandでは、様々な不思議な体験に出会う。
不思議な女、不思議な少女、親切な老人…。

Icelandが、とても不思議なstrangeな国として描かれている。
白銀の世界に走る、平田の乗る赤い車が雪に映えて美しい。
全世界、みんなじゃないけど、死を弔う。
その弔い方は様々。

ラストシーンの、平田が川で両親を弔っている時に、それを見つめる人物の表情が印象的だった。

映画に求めるものは、人それぞれ。
感動、考えさせられること、美しいこと、面白いこと…。

この映画は、永瀬正敏主演ということで、気にはなっていたが、あまり見る気がしなくて、見ずにいた。

見てよかった。

感動があるわけでもなく、美しいといえば美しいが、広がるのは、ただただ白銀の世界。
笑うような面白いところが、あるわけでもなく、意図的な示唆を含んでいるわけでもない。

では、何なのか。

批評を書いていて、ナニだが、言葉では表現しづらい。

笑いたいわけでもなく、泣きたいわけでもなく、寒いときに、淡々と見たい映画。
スポンサーサイト

<< coffee & cigarettes | ホーム | 世界はときどき美しい >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。