プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/29 (Thu) 22:39
HIROSHIMA MON AMOUR 続ヒヒョウ

先日…といっても数週間前に、ゼミでこの作品についてのディスカッションがあったので、追記します。

作品は、戦後10余年経った日本は広島を舞台に、ヌベールという、戦争で恋人を亡くし、ドイツ人と恋をしたことによって非国民とされた過去を持つフランス人女性と、ヒロシマという日本人男性の情事の物語。

記憶の忘却

主人公の女性は、戦時恋人を亡くし、またその恋人がドイツ人であったことから、非国民とされ、地下室に数年間閉じ込められたという一種のトラウマともいえる経験をしている。作品中で、この過去について初めて人に(ヒロシマに)話すシーンが出てくる。ここで彼女は、ヒロシマという男を鏡として「あなた」と呼ぶことによって、過去の恋人に面している。そして、話してしまったことについて、「忘却の始まりだわ」と嘆いている。
感覚的な理解ではあるが、人は自分の強い感情を伴った経験については、話すことによって消化し、昇華させていくという性質が少なからずあると思う。この女性、ヌベールの嘆きは、自分にとってとても大きな過去を話してしまうことによって昇華してしまうのではないか、という懸念が伺われる。
映画は、男女が裸で絡み合うシーンから始まっているが、その初めの部分では、男女の肌がやけただれた肌として映し出される。作品中では、ほとんどといっていいほどに出てこない広島がここに存在する。
監督アラン・レネは、「戦争はいけない」「二度とあのような惨事を繰り返してはならない」と語っている未来の私たち日本人に対して、戦争は悪い、間違ったもの、二度と起こしてはならないものと昇華し、戦争の本質を見ようとしなくなっているのではないか?と投げかけているのでは?と思われた。

知ることとわかること

このことに、何の違いがあるのだろうか?
作品の冒頭部分で、ヌベールとヒロシマの延々と繰り返される「私は広島をしっている」「いや、君は知らない」のやり取りは知ることとわかることは違うということを示唆しているのではないか、という議論が出た。
議論の中で、K先生が記憶の忘却の中でも記述した冒頭部分の女性と男性のやけただれた肌について「女性と男性は、いくら体を重ね合わせても、どうしても分かり合えない存在だ」と述べていた。私は、そこまで深い恋愛をしたことはないが(笑)、究極のところは人は理解しあえない部分があると思っている。
監督は、これを悲観的に描きたかったわけではないだろう。映画の結末からしてみても、人はそのような存在でありながらも、わかろうと努める、そういうことを描きたかったのではないのだろうか。

とまぁ、こういう結論になりましたが、深い恋愛でもしたら、もっと分かるのかなぁって思いました。
やっぱり、難解!
スポンサーサイト

<< 潔く柔く | ホーム | HIROSHIMA MON AMOUR >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。