プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/20 (Tue) 20:54
VERONICA GUERIN

VERONICA GUERIN


麻薬のはびこるアイルランド。
人々はそれを見てみぬふりをしているが、一人の女性ジャーナリスト、ヴェロニカがその組織的犯罪の実態を明かすために、組織の中枢部まで入り込み、追及していく…。
その実話を映画化した作品である。

何気なしにTSUTAYAで別のDVDを探していたときに見つけた映画。
運命なんて、その出来事を体験したその人自信が勝手に運命と決め付けているだけだけど、でも、この映画に出逢ったことは運命だと思った。

主人公のヴェロニカ・ゲリンは、アイルランドのある新聞のジャーナリストである。彼女は、麻薬が子供たちにまで蔓延していることを知り、その実態究明にのめりこんでいく。
彼女は、麻薬売買の組織の中枢にまで直接取材し、そのことから、何度となく狙われ、遂には射殺される。
彼女の死後、アイルランドは変わった。
麻薬取り締まりに関する法律は変更され、犯罪率も低下した。
彼女は皮肉にも、死んで、その使命を全うしたのである。

私は、図らずもこの映画にかなり感情移入してしまった。
というのも、私がジャーナリストに“なりたかった”からである。“なりたかった”が、ジャーナリズムの一端を垣間見て、違うのではないかと思い、悶々とする日々が続いた。
また、私は以前、かなりの正義感と使命感を(勝手に)持ってジャーナリズムを志していた。その姿勢から、長年ジャーナリズムに携わっている方に向いていないし、危険であると言われたこともあった。

しかし、この映画を見て、自分は彼女のようになりたいのだと気づいた。
彼女のように、情熱と使命感をもって仕事をしたいのだと分かった。

映画を見た後、自分が殺されるかもしれないという、あるかないかわからない将来への恐怖が押し寄せ、号泣してしまった。

覚悟はまだ足りていないが、私はジャーナリストになりたいのだ、そう改めて認識した、することのできた、彼女のジャーナリストとしての生涯を描いた映画であった。

この作品への評価としては、家族や自分の命まで犠牲にするほどのヴェロニカの情熱や使命感がどこから生まれているのか、いまひとつはっきりしない点で意見が分かれているようである。しかし、私がこの映画を見て感じた自分の情熱や使命感の出どころというのも、どこから生まれたのかなんて、はっきりしない。監督は「描かない」という選択をしたのだと思う。

本作品中一番印象的だったのは、取材を突き進めるあまり、その取材対象から脅しを受けていたヴェロニカが一度だけ夫にその恐怖を見せてしまうシーンを入れた点である。
そのシーンでヴェロニカは、夫に「このことを、誰にもいわないで」と言い、また毅然として取材を続ける。一度だけ存在するこのシーンによって、ヴェロニカがどれだけ恐怖を抱きつつも毅然と振舞っていたかが垣間見ることができる。

この作品の見所は、そのストーリーもさることながら、ヴェロニカ・ゲリンを演じるブランジェット・ケイトの演技である。
DVDには特典として、ヴェロニカ・ゲリン本人が を受賞した際のスピーチが収録されていて、私は、本編を見終わったあとにそれを見たが、どれだけブランジェットが、ヴェロニカの生前の話し方を徹底的に研究し演じたかが、もう計り知れないほど忠実に再現されていることを、この映像から見て取れた。私が、これを映画でなく、伝記で読んだとしたら、これだけの心情はいだかなかったであろう。

今回かなり私情の入った批評となったが、実話の映画化、映画の構成、そして何よりブランジェット・ケイトの演技という点でオススメできる映画である。
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。