プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/03 (Sun) 22:07
『ことばの起源――猿の毛づくろい、人のゴシップ』

ことばの起源


ロビン・ダンバー著 方英社、1998

レポートの参考として、本の一部のみを読んだ。

ことばの起源というタイトルから、ことばの発生のルーツのことか!?と思いきや、霊長類である人間が、なぜことばを発達させる必要があったのか?ということを人類学者であるダンバーが根拠を示して答えている本。

ダンバーは、社会的世界で他の個体をどう扱うかに関して発揮する能力を、その個体が属する社会環境の複雑さに応じて進化させてきたという「社会脳」仮説を、哺乳類のみが持つ大脳皮質のなかの新皮質の大きさと、個体が属する群れの規模が相関関係にあることから、証明した。
どういうことかというと、例えば人が他の人の行動を推測し、行動しているが、その能力は、進化論でいう動物の種の進化に伴って進化している。そして種の進化の過程において、動物の社会的規模は拡大しており、人が他の人の行動を推測する際に用いる脳の部分の大きさと比例している。したがって、「社会脳」仮説は成り立つというわけである。

興味深かったのが、本書のタイトルにもなっている「ことばの起源」の話。

一般的に、言葉は、牧畜から狩猟へとその生活の糧を変化させてきた人類が、そのコミュニケーションのために進化させてきた、といわれている。しかし、ダンバーは、猿の毛づくろいが社会的な関係を成り立たせるための行為であるのを引き合いに出して、人間は、それより大きな規模の社会に生きているため、その時間を縮めるために、ことばを発達させてきたという意見。つまり、言葉は、もともと手段ではなく、目的として発達したってことですね。

この「ことばの起源」のところは、科学的に証明というより、論理的に成立という感じなのですが、本書を読んでいて快かったのは、頭に浮かぶ疑問を、著者が順序よく解いてくれる点。

根拠を示して、論を成り立たせるというのは、結構骨の折れる作業であり、しばしばそれを曖昧にしている本も多いように思われますが、本書は、それをきちんとやっている点がよかったです。

当たり前のようですが、なかなか難しいこと。

ただ、ことばの起源については、少なくとも私の読んだ章では、論拠は明示されていませんでした。
きっと後半にあることを願います。
時間の関係上、そのときは全部読むことは出来ませんでしたが、今度全部読んでみたいなと思う本でした。
スポンサーサイト

テーマ : ★★おすすめ♪★★ - ジャンル : ブログ

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。