プロフィール

Eliseliselise

Author:Eliseliselise
映画やら本やら何やらをヒヒョウ
このBlogを見て、好きな映画や本に出会っていただけたら
是、幸い!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/07 (Sat) 04:52
iPad mini+キーボード付きケース

Windows XPサポート終了で、ノートパソコンを更新するか、はたまたタブレットか
買っちゃうかで悩みに悩んで、ついにipad mini retinaを買っちゃいました。

ノートパソコン購入ではなくタブレットに至った理由は…

①パソコンはもう年賀状とExcelくらいしか使わない。
②新聞、本をタブレットで読みたい。

です。

本日ビックカメラよりTELあり、早速受け取りに!
その前にキーボード付きケースが欲しかったので、ヨドバシカメラへ。(なぜビックカメラで買わないかというと迷ってた種類のものが無かったから)
迷ってたのは、以下2つ。

LOGICOOL ウルトラスリム キーボード フォリオ for iPad mini ブラック TM725BKLOGICOOL ウルトラスリム キーボード フォリオ for iPad mini ブラック TM725BK
(2013/09/13)
ロジクール

商品詳細を見る


【国内正規代理店品】belkin ベルキン キーボード付き 保護ケース iPad mini対応キーボードフォリオ ピンク F5L145qeBLK-C03【国内正規代理店品】belkin ベルキン キーボード付き 保護ケース iPad mini対応キーボードフォリオ ピンク F5L145qeBLK-C03
()
Belkin

商品詳細を見る

あった!belkin!!!そしてretina厚さが3mm厚いからダメかと思ったら、OKでした。
もちろんLogicoolもretina対応でしたが、持った感じbelkinの方が軽かったのとケースのマット感が気に入り、belkinに。
色は黒かピンクか悩みましたが、一目惚れのピンクを購入。
(余談ですが、ヨドバシの方が接客が早い。iPadコーナーの店員はiPadを駆使して迅速に対応してくれる。ということで、これから家電はビックカメラからヨドバシに乗り換えます。)

早速家でペアリングしてみました。
言語切り替えもcommand+spaceで簡単に出来て、キーボードの打鍵感もいい感じです。
これで、キーボード取り外しOKでケース閉じたら自動スリープモードだったら、満点です。
まずは、電池が155時間もつか試してみます。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ - ジャンル : ブログ

タグ : iPhone keyboard

2010/01/05 (Tue) 19:02
なぜ生きるんだ。

『なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉―』
                坂口安吾


「こんなにして、なぜ生きるんだ。」


その一言から、この言葉集は始ります。
これは、安吾の長男、綱男が安吾の作品集から言葉を抜き出して本にしたものです。
本は、「生・恋愛・青春・創造・死・きまり・孤独・私」の8つのくくりで綴られています。

初めて読んだ時は、そんなに印象に残りませんでした。

でも、生きるか死ぬか、それが問題だ。
まさに、「こんなにして、なぜ生きるんだ。」という精神状態のときに読んで、大変救われました。
私は何かに頼ることは嫌いな人間です。
宗教も、それに依存してい生きれば弱くなってしまう、というので嫌いでした。
でも、最近人間そんなに強くないのだなーと知り、
何かを取り入れることによって、よりhappyに生きられるのであれば、それでよい。
と思うようになりました。

生きるのがつらい、と本当に苦しいときに読むと、救われることもあるかもしれません。

「悲しみ、苦しみは人生の花だ。」――『悪妻論』 坂口安吾

なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉
(2006/10)
坂口 安吾

商品詳細を見る

2009/05/27 (Wed) 06:33
Rolling Monkey's THE LAST~On our way, way to go~

Bivattchee last live DVDを見て

今日DVDが届きました。
アメリカにいて、行けなかったラストのBivattcheeのライブ。
このDVDは、記録に残すことと同時に私みたいに行けなかった人のために作ってくれたBivattcheeからの愛情だと思っています。

Bivattcheeと出会ったのは、沖縄。
しょうが”はんぶんこ”をでっかい声でいっつも唄っているのを聞いていい歌だなって思ったのがきっかけでした。
それが2年前の春。

一度だけライブも行けました。
踊りまくって、今までの人生で一番楽しいライブだった。

DVDを見ていて、なんかいろんなものがフラッシュバックして。
Bivattcheeの12年間伝えてきた想いを聞いて、
胸にドカンと響きました。

ひとりでDVDを見ながら、泣き笑い。
やっぱり、この一言に尽きるな、と思いました。


Bivattchee、ありがとう!


毎日忙しくてしょうがなくなっちゃってるとき、
落ち込んだとき、
悲しいとき、
元気が欲しいとき、
うれしいとき、
何かに迷ったら、Bivattchee聴いて、
まっすぐ前を向いて生きていこうと思う。

本当に、本当に、ありがとう!

You ROCK!!!!!

テーマ : ロック - ジャンル : 音楽

2009/01/21 (Wed) 22:27
本の読み方

私は、本を読むのが好きだ。

本といってもさまざまだ。

小説(推理小説、ロマンス、SF、ケータイ小説、暗黒小説なんてのもwikiったらあった。)
新書
エッセイ
伝記
歴史

ジャンルで言ったら、こんなのが浮かんでくる。
(新書はジャンルではないと思いますが、あーいった感じの文庫型学問(?)…というのを言いたかったのです)

読み方はいろいろあるんだと思う。

小説なら、主人公になりきる、表現を堪能する。
新書なら、書かれていることに対して批判的に読む。
ふむふむ。え~、そーかいな?
伝記は、憧れの、もしくはえらいことなしとげた人の人生と自分の人生を比べてみたり、発想を学んだりする。
歴史は、小説であったり、新書であったり、伝記であったりする。

私は意識しないと、すべての読み方が小説になってしまう。

小さいころに、おとぎ話を読みすぎたからかもしれないが、
読み進めると、イメージ(画像)が、ぽん、ぽん、っと出てくる。
これは小説を読む分には、頭の中で自分で画像化した映画を流しているようなものなので大変楽しいのだが、新書やacademicなものを読む際に、大変苦労する。

例えば、以前、西垣通著の『基礎情報学―生命から社会へ』を読んだが、4回目にしてやっと少し噛み砕けたという感じであった。

問題は、言葉の意味を常にイメージ化しているため、イメージしにくいものについて、理解が出来ない。
一点に集中して読んでしまうため、俯瞰的感覚が足りない。
(全体の中でどういう役割であるのかを考えるのを、すぐに忘れてしまう、たまに長い文章では主語さえ頭に留めて置けないことがしばしばある)

友人にこの問題を相談したところ、
その方は、自分の考えと照らし合わせて読むと言っていた。

全然、違う。

私の場合は、本が頭の中に世界をつくるのであって、私の頭は常に空である。

この全く違った読み方に大変驚いたと同時に、おもしろいと思った。

よかったらぜひ、貴方の読み方を教えていただきたく候。

テーマ : 本に関すること - ジャンル : 本・雑誌

2009/01/05 (Mon) 18:19
駆け足、Washington D.C.

12/29/08

NYからWashington D.C.へchinatown busというバスで行ってきました。
往復、$50くらいで、5時間ほどかかります。
私は、朝8時に出て昼の12時くらいに着きました。

chinatown busという名前の通り、chinatownで乗ってchinatownで降ります(笑)
D.C.のchinatownでご飯を食べ、地図も持たずにとりあえず、歩き回る。

始めに見つけたのが、American History Museum。
そこで、周辺の地図をGETして、東に歩き、U.S.Capitolへ。
Capitolの前は大きな池があってきれいでした。

Capitolは、1年前とかから予約しないと入れないらしく、もちろん断念。
Capitolの庭で、X'mass Treeの撤収作業をしていました。

次にその奥へ行って、Library of Congressの中へ。
D.C.はMuseumも何もかも、入場無料です!!

それを見たら、今度は西へ。
Air and Space Museum、Hirshorn Museum、Art and Industries、Smithsonian Castle Information Centerを通り過ぎ、Washington Monumentへ。
真っ白で、きれい。Capitolと向かい合った形であります。
ここも登りたかったのですが、チケットは朝7時から配るとのことで、不可。
その後、その奥のLincoln Memorialへ。
ここは、めちゃめちゃでっかいLincolnの像があります。
それまでの道がめちゃめちゃきれい!!!
ここは、確かKing牧師の"I have a dream"演説の場所…。
すごい…。

それから、最後にWhite Houseへ。
もちろん、入れません。
遠くから覗くのみ。
思ったよりちっちゃかったです。(遠いからですかね…??)

っとしていたら、もう4時半とかで、今回日帰りコースで6時にまたバスに乗って帰るため、ここで終了。
Museumみたかったです(涙)

で、バスなんですが、1時間ちょっと遅れてきました。
寒い中待っているので、皆いらいら。
なので、時間に余裕をもって計画たてるのがよいかと思います。
結局、11時にNYに着きますが、乗ったところとは違うところで下ろされ…。
大変でした。

何はともあれ、とりあえず、D.C.いっときたい!!という旅行なら1日で十分だと思います☆

wm
Washington momument from Lincoln Memorial

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。